FC2ブログ

FXの2案件をやってみた:トリセツと私の失敗例 - ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ

ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ ホーム » スポンサー広告 » やってみた » FXの2案件をやってみた:トリセツと私の失敗例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXの2案件をやってみた:トリセツと私の失敗例

 高額ポイントを稼げる案件のうち、やや難易度の高いのがFX案件です。投資の一種ですが、ハマってしまうと全財産を失いかねない危険性をはらんでいます。上手にポイントを稼ぐための注意点を、私の反省点とともに紹介します。

FXとは?


 FX(外国為替証拠金取引)は、基本的にはドルなどの外貨と円の間での取引です。例えば10万円を証券会社に預け、1ドル=100円の時にドルを買うと1000ドルになります。これを1ドル=110円の時に売れば、11万円となり1万円が儲かる、といったものです(手数料は省略しています)。ここまでは通常の外国為替取引と同じです。


FX(外国為替証拠金取引)の基本的な説明


 ここに「証拠金」という単語が入っています。通常は10万円が必要なところを、証拠金として取引額の1/25の4,000円を預ければ、10万円分の取引ができるというのがFXの特徴です(法令で、個人の場合は1/25が証拠金の下限となっています)。
 逆にいえば、証拠金として預けた金額の25倍(レバレッジ25倍ともいいます)までの取引ができることになります。


レバレッジ25倍の説明:4000円で10万円分の取引が可能


 4,000円なら破産することはないでしょうが、40万円の証拠金で1,000万円分、400万円の証拠金で1億円分の取引をするというように、巨額の取引をするのが一般的です。

 1ドル=100円の時に1億円でドルを買うと、100万ドルとなります。これがもし、1ドル=96円になると、9,600万円に目減りしてしまいます。400万円のマイナスであり、証拠金の400万円がスッカラカンになるため、証券会社では自動的に損切りで売ってしまいます。
 この場合、400万円は戻ってきません。それどころか、売り注文がつかずに為替が更に下落し、追加で払うハメになりかねません。FXが危険だと言われるゆえんです。

 ここまでは円を売ってドルを買う話をしましたが、ドルを売って円を買う場合も同様です。通常、証券会社のFX口座にはドルを入れていないので、空売り(ドルを借りて後で買い戻す)することになりますが、借りる相手は誰かなど面倒なことを考えなくても、ドルを買う時と同様の操作で売ることもできます。
 ドル買いの場合は円安ドル高で儲かり、ドル売りの場合は円高ドル安で儲かりますが、それぞれ逆に動くと損することになります。

 基本的にFXは「ゼロサムゲーム」、すなわち取引で得する人のプラスの金額と、損する人のマイナスの金額を足し合わせると0となるため、儲ける人がいれば、必ずそのウラには損する人がいます。

 実際には、そこから証券会社に支払う手数料が差し引かれるため、合計がマイナスの「マイナスサムゲーム」です。ギャンブルで儲かるのは胴元、ということです。

 更に細かい話をすると、買った通貨を保有していると「日歩」(ひぶ、スワップポイントともいう)により毎日若干の利子がつきますが、売り側だと日歩より高い金利の「逆日歩」が差し引かれていくため、売買両方のポジションを保有し続けると差し引きでマイナスとなっていきます。

FXの取引単位


 FX案件のポイント獲得条件を読むと、「90日以内に30Lot以上の取引」や「60日以内に10万通貨以上」といった文字が出てきます。この「Lot(ロット)」や「○万通貨」は取引の単位を意味しています。

 1Lot(ロット)は、通常1万通貨に相当し、ドルなら1万ドルの取引となります。話を簡単にするため1ドル=100円とすると、100万円で1万ドルを買う、あるいは1万ドルを売る取引となります。
 証拠金として、最低4万円を証券会社に預ければ、1ロットの取引ができることになります(1ドル=120円なら48,000円が必要です)。売買を30回繰り返せば、30ロットの取引も可能です。
 なお、マイナーな通貨では1ロットの単位が異なる場合もあるため、ドル以外の通貨に手を出すなら(手数料が割高なのでおすすめしませんが)、証券会社のページで確認してください。

ハイリスク/ローリスク


 FXでは、売買を組み合わせることでハイリスクにも、ローリスクにもできます。もちろん、ローリスクだとローリターンで高い収益は期待できません。
 陸マイラーとしては、ポイント獲得が目当てなので、ローリスクローリターンの戦法を採用するのが一番です。
 例えば1ドル=100円の時に、1万ドルを買うのと同時に、1万ドルを売ります(買いと売りの両ポジションを同時に持てない証券会社もあります)。

 1ドルが103円になったら、買いは+3万円、売りは-3万円なので、差し引き0となります。1ドルが97円になっても、買いは-3万円、売りは+3万円なのでやはり損得なしです。

 これで2ロットの取引ができたことになりますので、5回繰り返せば10ロット、15回繰り返せば30ロットと、ポイント獲得条件を満たすまで繰り返せばOKです。

ローリスクの取引でも若干の損をする


 基本は上記の通りですが、実際には売買の手数料があるため少しは損をします。みんなのFXの場合、手数料としてのスプレッド(売買の差額)が原則0.3銭となっています(私がやっていた時は0.2銭でしたが広がっています)。

 これは、買いが1ドル=100円の場合、売りは99.997円と0.3銭の差額が生じるという意味です。この為替レートで売買各1ロットの取引をしたと仮定すると、1万ドル×0.003円/ドル×2(ロット)=60円だけ損をする計算となります。
 これより、計30ロットの取引なら900円だけ損をすることになります。
 とはいえ、900円の損で数万円分のポイントが獲得できることから、陸マイラーとしては十二分の収穫を得られます。

 ただし、実際には取引開始直後(早朝)や売買高が少ない場合、スプレッドが0.5銭や1銭などと広がること、スリッページといって、為替相場が急激に変動した場合に想定した額から若干ずれることもあるため、もう少し損する額が大きくなります。また実際には1銭単位でしか注文できないこと、利子(日歩/逆日歩)が発生することから、計算通りとはならないことはご了承ください。

トレイダーズ証券「みんなのFX」案件


 私は、はじめてのFXはトレイダーズ証券社の「みんなのFX」としました。記事を書いた2016年12月は減額していますが、当時はちょびリッチで25,500円相当と高額のポイントが獲得できたためです。
 スマホアプリの取引画面はこんな感じ(押せば拡大します)。ストリーミング取引では、「買」の赤ボタン又は「売」の青ボタンを押すと一瞬で売買されてしまいます。うっかり触ることもできないものです。


みんなのFX_ストリーミング注文画面


 IFO取引は、指定した価格に到達したら買って、その後指定した価格となったら売る取引です(売った後に買うのも可能)。
 下の画面例は、現在値が買値(ASK)で1ドル=117.821円[売値(BID)は117.818円]に対し、117.650円で買って、118.300円になったら利益確定して売る(2ロットなので13,000円の得)。ただし、117.300円まで下がったら損切りして売る(同7,000円の損)、といった具合です。
 なお、画面にある「指値」は現在値より低い額を指定して買う(又は高い額で売る)、「逆指値」は現在値より高い額を指定して買う(又は低い額で売る)場合に使います。


みんなのFX_IFO注文画面


 IFO取引では、例の場合、上記の指値買いに対して、逆指値売りを追加します。両者を並べると以下のようになります(現在値は1ドル=117.821円と仮定します)。

・2ロットを、117.650円で買い(指値買い)、その後118.300円(指値売り)又は117.300円(逆指値売り)で売る。
・2ロットを、117.650円で売り(逆指値売り)、その後118.300円(逆指値買い)又は117.300円(指値買い)で買う。

 これだと、同じ金額で同時に売買するので、基本的には損得はありません。

私の失敗


 最初は、上記の通り売りと買いを組み合わせることで、淡々と取引していました。
 しかし、全く儲けがないのも面白くないものです。そこで、少し色をつけてみました。これが失敗の始まりです。

 指値売りと逆指値買いを同額、1ロットずつ注文するところまでは同じです。この頃の相場1ドル=102.30円で、両方約定しました。
 ここで、売ったドルの買い戻し注文は102.60円とし、買ったドルの売り注文は102.70円としました。売りは3,000円の損、買いは4,000円の得で、差額1,000円が儲かる算段です。
 ドル高が102.6円まで進めば、高い確率で102.7円も突破するだろうと考えたのです。
 しかし、実際には102.6円台で売り注文が約定した後、ドル安が進んで102.1円台まで落ちてしまいました。これ以上の損失は避けたいので成行注文で約定させた結果、売りは3,000円の損、買いは2,000円の損で、計5,000円の損失を出してしまいました。

 これはたまたま運が悪かったのだと思い、何度か繰り返しましたが、ちょうど狙ったかのように売りと買いの間の値段で相場が逆転し、損してしまいました。結果的に1勝4敗、しかも勝ちはたった1,000円程度、負けは毎回何千円にもなってしまいました。

マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」案件


 まだ損失を取り戻そうという考えを残したまま、次に手を出したのはマネースクウェア・ジャパン(m2J)社の「トラリピ」です。こちらはポイントサイト「PONEY」で17,080円相当、妻と合わせると22,200円相当(このカラクリはこちらで説明)となっていました。2016年12月現在も同水準となっています。

 ここでは、「トラップリピートイフダン」という注文方法を使って20ロットをこなすことが要件となっています。この方法は「みんなのFX」で出てきたIFD(イフダン)注文がベースですが、この注文を等間隔で数本〜数十本入れるものです(これをトラップと呼び、それを繰り返すためトラップリピートイフダンというわけです)。機械的に等間隔で入れるため、私が「みんなのFX」で失敗したような、初心者の勘が悪い方向に働く余地はありません。

 また、一定の範囲内で値動きを繰り返していれば、わずかずつですが儲けが出ます。

 以下はm2J社のトラリピ説明サイトからの引用ですが、赤点の値段で買い、青点の値段で売ることを自動的に繰り返すため、仕事中でも、寝ている時でも勝手に利益が上げられるというものです。


マネースクウェア・ジャパン(m2J)のトラリピ説明図


 これだけ聞くとメリットばかりのような気もしますが、当然デメリットもあります。

 一つは、多数の注文を建てるので、証拠金が同じ額なら1本あたりのロット数は小さくせざるを得ません。例えば、現在100円で指値の買い注文を1ロットずつ0.3円間隔×12本、逆指値の買い注文を1ロットずつ0.3円間隔×12本入れると、注文合計は24ロット(2,400万円)となりますが、これを満たすには約100万円の証拠金が必要となります。

 証拠金が10万円の場合は各0.1ロットしか注文できないため、為替の変動具合とトラップの間隔によりますが、90日で20ロットの条件を満たせなくなってしまう可能性があります。これでは何のためにFXをやっているかわかりませんね。

 もう一つは、ドル買いのポジションを持っている時にトラップの範囲をはみ出るほど(0.3円×12本なら3.6円)ドル安が進んだ場合、あるいはドル売りポジションでドル高が進んだ場合、全注文が一斉にマイナスとなるため、損失が莫大となります。

 どんなに精緻なシステムを作っても、ゼロサムゲームである限りはリスクを避けられない、というわけです。これを念頭に置いて、トラリピ案件をこなしましょう。

注文例


 この例では、各0.2ロットを117.33円から0.2円間隔で6本指値買いで注文しています。
 指値買いは現在の買値(Ask=117.40円)以下であれば買うことができますが、後で説明する「逆指値売り」も同じ金額で注文するには、売値(Bid=117.36円)と同額か若干低い金額を指定する必要があることから117.33円としています。
 0.2円間隔なので、117.33円、117.13円、116.93円、116.73円、116.53円、116.33円で注文を入れたことになります。

 「利益金額 400円」がわかりにくいところですが、400円の利益が出る金額までドル高が進めば売り注文を出すという意味です。117.33円で買った場合、117.53円までドル高が進めば、差し引き0.2円×0.2万ドル(=0.2ロット)で400円の利益となるので、ここでは0.2円上がった場合に売りを出すことを意味します。このように小刻みに売買を繰り返すことで、ポイント獲得条件の20ロットを達成しやすくなります。


マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」でポイント獲得案件をこなすための取引画面例1


 忘れてはいけないのが、逆方向の取引です。
 先ほどの「指値買い」の逆は、「逆指値売り」となります。買いと同じ金額でドルを売るのがミソです。相場は刻々と変化することから、売注文ができなくなるリスクを避けるため、若干低め(Bid=117.36円に対し117.33円)とした訳です。


マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」でポイント獲得案件をこなすための取引画面例2
 

 しかし、これだけだと1ドル=117.33円以下でなければ注文が発動しないため、相場が上昇すると一つも注文がつかなくなってしまいます。このため、以下のように117.45円とそこから0.2円間隔で高くなる「逆指値買い」と「指値売り」の注文も行っています。
 これら4つの注文をするには、証拠金が25万円程度必要となります。大部分は戻ってくるお金ではありますが、余裕資金のある方がFX案件をこなすのに向いているといえます。

 相場がトラップの範囲を抜けると注文がつかなくなるため、大きく上昇/下落したら一旦注文を確定させ、新たにトラップを設けましょう。


マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」でポイント獲得案件をこなすための取引画面例3

マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」でポイント獲得案件をこなすための取引画面例4


私の場合


 上記トリセツのように、売りと買いを同額ずつ割り当てるのが陸マイラーの鉄則だと理屈では理解していましたが、まだ頭に血が上っていた私は、買いポジションだけ、または売りポジションだけを持って、あくまでも「みんなのFX」の借りを返そうとがんばっていました。

 ここでは、当初神ってる!と思うくらいうまくいきました。
 ドル買いポジションでトラリピ注文を出すとドル高が進み、そろそろやばいと思い売りポジションに転じると、その直後にドルが急落するというように、ほぼジャストのタイミングで売買ができました。

 ただ、毎回0.4ロットずつの売買だったため、1注文あたりの収益は1,200円止まり。20注文(12ロット)でやっと24,000円と、「みんなのFX」の赤字が穴埋めできそうなところまで来ました。

 この頃がちょうど、米国大統領選のヤマ場でした。
 私はヒラリー氏が当選するシナリオでドル高が進むと考え、ドル買いポジションに賭けました。運命の2016年11月9日朝は予想通りドル高となり、若干の利益が出たことを確認して仕事をしました。

 昼はニュースを確認する暇がなく、夕方、雑談でトランプが勝ったと聞いて慌てて確認すると、ドルは暴落!頭の中は真っ白、ガガーンです。
 103円台まで戻したところで損切りした結果、12,000円のマイナス。それまでコツコツ積み立てた利益は一撃で半減してしまいました。


米国大統領選時のFXチャート


 次に90円台に向かってドル安が進むシナリオを予想し、ドル売りポジションで注文を出そうかと思いましたが、嫌な予感がして自重しました。
 その後のトランプ相場はご存じの通り、トランプ氏発言への安堵感から一気にドル高が進み、多くの一般投資家が損をしたようです。103円台で損切りしたのは結果的に失敗でしたが、ここではマネーゲームに参加せず良かったと思っています。

 最終的に20ロットをこなしてポイントは獲得できましたが、FX2案件の合計ではトラリピのポイント獲得額に近い損失を出してしまいました。

最後に


 今回の経験で、素人がFXで儲けようと思うのは大間違いということを思い知らされました。陸マイラーとしては欲を出さず、上記のトリセツ通りに必要ロットを稼ぐべきでした。
 皆様は、同じ過ちを繰り返さないようにしてくださいね。

 私も、もう今回の失敗で懲りたため、損失を取り戻すのは諦めて今後のFX案件では安全運転で行くつもりです。
 

 なお、サイトリニューアル後は、初心者向け記事を一気に多数公開し、トップページからたどりやすいようにするので、年明けにも遊びにいらしてください。ブックマーク(お気に入り)への登録もぜひお願いします。


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント





↓↓↓バナー押しと未登録サイトへの登録もお願いします!↓↓↓

[ランキングバナー]
4つのブログランキングに登録しています。押すだけなのでぜひ!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


人気ブログランキング



「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


[ポイントサイト登録バナー]
 以下のバナーから、各サイトの登録画面に移ります。

特に、【還元あり】のサイトに登録して頂くとあなたにも(私にも)登録ポイントが付与されます。Google検索などから登録しても付与されないので、ぜひこの機会にどうぞ。

・ちょびリッチ【還元あり】
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

・ハピタス【還元あり】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・PONEY【還元あり】
無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!

・ポイントインカム【還元あり】
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

・ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

・GetMoney!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

・モバトク


・Gポイント【還元あり】
Gポイント

・モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

・ECナビ


・i2iポイント
i2iポイントサイトへのご招待です♪

・チャンスイット【還元あり】
チャンスイットでお得生活

・ライフメディア
稼いだポイントをマイルに。ライフメディアへ無料登録

・予想ネット【還元あり】※スマホ登録時
無料でおこづかいゲット! 予想ネット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。