fc2ブログ

マイルを特典航空券に交換!のトリセツ(国際線) - ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ

ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ ホーム » 重要記事 » マイルを特典航空券に交換!のトリセツ(国際線)

マイルを特典航空券に交換!のトリセツ(国際線)

 ここまで読んでくださった方は、飛行機に乗らなくてもマイルが貯められることがおわかりと思います。後は、貯まったマイルを特典航空券に交換すれば、世界中を旅行できます。

 そこで、総仕上げとしてANAの国際線特典航空券を獲得するためのトリセツを紹介します。国内線については、別途紹介したいと思います。

ANA国際線特典航空券のキホン


 まず、国際線の特典航空券について基本的なことをまとめます。

必要マイル数


 国際線で最低限必要なマイル数は、Lシーズン、Y(エコノミー)クラス韓国往復で、12,000マイルとなります。マイル数はゾーン、シーズン、クラスにより異なります。ゾーンは後ほど出てくるゾーンマップの世界地図で確認して頂けるので、まずシーズン、クラスと航空会社などについて説明します。


日本-韓国間の必要マイル数の表(1.2万マイル)


・シーズンについて
 ここで、ANA便ではL(ロー、閑散期)、R(レギュラー、通常期)、H(ハイ、繁忙期)の3シーズンに区分され、それぞれ必要マイル数が異なります。ハイシーズンは正月、GW、7月下旬〜8月中旬が目安ですが、行き先によりロー、ハイシーズンの時期が異なります。

 以下を拡大するとシーズンチャートが表示されますが、最新情報はANAのページで確認してください。なお、一部に特典航空券が使えない日もあるので注意しましょう。


ANAのゾーン(zone)別シーズンチャート


・クラスについて
 これはよく知られている通り、Y(エコノミー)、C(ビジネス)、F(ファースト)の3クラスに区分されています。おおよそ、エコノミークラスの1.5〜2倍のマイルを使えばビジネスクラス、3倍前後のマイルでファーストクラスに乗れます。
 以下は日本からヨーロッパに行く時のマイル数ですが、Rシーズンではビジネスがエコノミーの約1.6倍、ファーストは3倍となっています。お金で支払う場合に比べて、ビジネス、ファーストクラスのマイル数はかなり割安といえます。


日本-欧州間の必要マイル数の表


・航空会社
 ANAのマイルがANA便で利用できるのは当然ですが、提携航空会社の便でも利用することができます。基本はスターアライアンス加盟会社となりますが、他にも個別提携している会社があります。詳細はANAのページに記載されています。

 ここで、提携航空会社の場合はANA便とはマイル数が異なるわけですが、特にシーズンの区分がない点が特徴です。日本と海外の単純往復(zone1-A料金適用)ならANA便のRシーズンと同じマイル数ですが、Hシーズンでは提携航空会社の方が安く、Lシーズンでは高くなります。

 上にある欧州(zone7)の図で言えば、日本とミュンヘン(ドイツ)の単純往復の場合、ANA便ではLシーズンで4.5万マイル、Rシーズンで5.5万マイル、Hシーズンで6.0万マイルと変動しますが、ルフトハンザ ドイツ航空の直行便ではzone1-A料金が適用され、いつでも5.5万マイルとなります。

・海外での乗継の有無
 日本からの直行便がない地域に行く時や、他の空港にも寄り道したい場合は、海外で乗継(24時間以上滞在する「ストップオーバー」を含む)することになります。ANA便は日本発着しかないため、海外での乗継時は必然的に提携航空会社を利用することになります。
 この場合には、zone1-B料金が適用されます。基本的に、ANA便のHシーズンと同マイル数となります。
 zone1-A、1-Bの別ですが、簡単にいえば日本からの単純往復はzone1-A、海外乗継を含む場合はzone1-Bとなります。

 再度日本とミュンヘンを往復する例を出しますが、ここではちょっとひねって、日本からポーランド航空でワルシャワに行き、そこからルフトハンザ ドイツ航空でミュンヘンに行く経路とします。帰りもその逆経路とした場合は、海外乗継があるためzone1-B料金が適用され、シーズンに関係なく6.0万マイルとなります。
 なお、往復で違う経路や航空会社とした場合は、両者を平均したマイル数が適用されます。

・ゾーンマップ
 以下のマップは、日本発着について、行き先別に必要マイル数を表した表を、世界地図上にまとめたものです。ANAの公式サイトにも一覧できるマップはないので、ぜひご活用ください。マップ上を押すと拡大されます。

 縦の行はクラスで区分しており、繰り返しとなりますが、Yはエコノミー、Cはビジネス、Fはファーストクラスです。
 横の列はシーズンと航空会社(ゾーン)をまとめて表示しており、ANA便の場合はL、R、Hの各シーズン、提携航空会社を使う場合(海外乗継を含む)は1-A又は1-Bの列を見ることになります。


ANA特典航空券の必要マイル数が一目でわかる、ANAゾーンマップ(zoneマップ)


 ここでいくつかの例を挙げます。

(1)成田ーハワイ(ホノルル)往復
 ローシーズンに、成田空港から、ANAのエコノミークラスでハワイのホノルル空港に行く場合のマイル数を求めます。
 ハワイはzone5になります。エコノミークラスなのでYの行、ローシーズンなのでLの列となり、表から3.5万マイルとなります。
 なお、ハワイでホノルル空港から、ハワイ島のコナ空港に乗り継ぐ場合は海外乗継のため1-B列となり、4.3万マイルとなります。

(2)関西ーオランダ(アムステルダム)往復
 関西空港からビジネスクラスでオランダのアムステルダム(スキポール空港)に行く場合、ANA便で関空からフランクフルトに行き、ルフトハンザドイツ航空便でアムステルダムまで行く経路があります。

 この場合、zone7のCクラス、海外乗継より1-Bの列となるため、9.5万マイルとなります。海外乗継があるため、シーズンによる変動はありません。

(3)高知ーシンガポール往復
 高知空港(広島でも石垣でも、国内線onlyなら何でもいいのですが)からシンガポールに行く場合、必然的に国内乗継が発生します。高知→羽田→シンガポールなどです。

 海外乗継と異なり、国内線はANA便に限られるため、通常のANA便のチャートが適用され、エコノミーのレギュラーシーズンなら3.5万マイルとなります。ということは、国内線は追加マイルなしで乗れるということになります。これはありがたい特典ですよね。

 その他、2歳以上の子供は大人と同マイルとなります。また、家族が乗る場合は特典利用者登録が必要となります。
 日本以外発着や異なるzoneでの乗り換え、世界一周旅行については上記ゾーンマップの対象外なのでANAの提携航空会社特典航空券サイトをご覧ください。
 また、ANAカードファミリーマイルに登録していれば、家族でマイルを合算することも可能です(18歳以上はANAカード保有が必須)。

発売時期


 国際線特典航空券の申込時期は、搭乗日の355日前午前9時から、第一区間(最初の搭乗)の96時間前の間です。
 今日から数えると355日後になりますが、途中にうるう年の2/29をはさむ場合は1年後の今日から11日引いた日、それ以外の場合は10日引いた日となります(例:今日が2016年12月19日の場合、2017年12月9日)。

 ハワイなど人気の観光地では、今日から355日後に予約が殺到しますが、重要なのは、往路だけでなく復路まで指定する必要があることです。355日後に出発する予約が取れても、366日後以降の復路は予約できないため、予約が確定できません。

 そこで、テクニックとして、物理的に日帰りが可能なアジアの近場や、日付変更線をまたぐハワイなら往路と復路を同日にする、それ以外なら354日前に往路出発、翌日に復路出発としてとりあえず往復とも押さえます。

 希望の復路出発日が355日後となったら復路の便を変更すればOKです(有名なテクニックなのでそれでも取れない場合もありますが)。
 

予約方法(単純往復)


 往復が同じ経路、同じクラスなら、予約は簡単です。ここでは、大人2人で羽田か成田と、香港の往復特典航空券を予約する例で説明します。

1.ANAにログインした上で、国際線「空席照会/予約」を選ぶ
 以下はスマホ画面となりますが、PCでも同様です。


ANAの国際線ページで空席照会/予約を選択する画面


2.「特典予約」の「往復」を選んだ上で、必要情報を入力する
 出発地、到着地、往路と復路の出発日(現地時間)、クラス、人数を選んで「検索する」を押します。
 

ANAの国際線ページで特典予約の往復として、出発地、到着地、往路と復路の出発日(現地時間)を選択する画面

ANAの国際線ページでクラス、人数を選択する画面


 「空席がありません」と表示されたら、別の日にするか、一旦諦めるか、空席待ちすることにいなります。空席待ちは、第一区間出発の14日前までに結果がわかります。しかし、ダイヤモンドメンバーなどステータスの高い方が優先されるため、一般の方が取るのは難しい場合が多いと考えた方が良いでしょう。


↓何度見てもイヤな画面です
ANAの特典航空券検索結果で空席がありませんの表示


3.日付を確認する
 空席があれば、以下の画面で日付を確認して進みます。当日に空席がない場合でも、前後の日は空いていることもあります。予定が変更可能なら、この画面で検討しましょう。


ANAの特典航空券の往路空席の確認画面

ANAの特典航空券の復路空席の確認画面


4.フライトを選ぶ
 次の画面では、往路、復路それぞれのフライトを選びます。最初におすすめのフライトが表示されますが、空席があれば変更も可能です。以下は往路のフライト選択例です。出発、到着時刻と、所要時間を考えて最適なフライトを選択しましょう。


ANAの特典航空券のフライト選択画面


5.予約を確認する
 予約の確認画面が出ます。特典航空券といっても、税金、施設利用料、燃油サーチャージのためいくらかのお金はかかります。この画面で確認しましょう。


ANAの特典航空券のフライト予約確認画面


 ここから次に進み、予約を確定させれば手続き完了です。


予約方法(複数都市・クラス混在)


 複数都市を回る場合(例:成田→ハワイ→ニューヨーク→成田、関西空港→パリ→羽田空港)や、クラス混在(例:行きはエコノミー、帰りはビジネス)の場合は、国際線予約画面で「複数都市・クラス混在」を選びます。

 成田→ハワイ(ホノルル)→ニューヨーク→成田の例で説明します。ログイン、国際線予約画面までは先ほどと同じなのでスキップしています。

1.国際線予約画面で「特典予約」の「複数都市・クラス混在」を選択する


ANAの国際線ページで特典予約、複数都市・クラス混在を選択


2.第1区間から第3区間の出発日、空港を指定し、次に進む
 最高8区間まで選択できます。それ以上なら電話で予約しましょう。

・区間1:成田→ホノルル
・区間2:ホノルル→ニューヨーク
・区間3:ニューヨーク→成田


ANAの国際線ページで経路を指定


3.第1区間のフライトを選択し、次に進む
 ここではANAのエコノミークラスを選択しています。


ANAの国際線ページで第1区間のフライトを指定


4.第2区間のフライトを選択し、次に進む
 ハワイーニューヨーク間はANA便がないため、提携航空会社のユナイテッド航空便を選びます。


ANAの国際線ページで第2区間のフライトを指定


5.第3区間のフライトを選択し、次に進む
 ここでは、ワシントンD.C.経由の乗継便を選択しています。


ANAの国際線ページで第3区間のフライトを指定


6.確認画面が出る場合は、「確認」を押す
 

確認の画面


7.選択内容を確認する
 これまでに指定した経路をまとめた画面が出ます。ここまではタダなので、ANAマイレージクラブにログインし、気軽に検索してみましょう。これで良いかを確認して、予約すればOKです。
 画面が長いので、以下は一部のみ表示しています。


ANAの特典航空券予約確認画面


最後に


 特典航空券は座席数に限りがあるため、早く予約しないと埋まってしまいます。そのため、出発日時やフライトはできる限り柔軟に考えた方が取りやすくなります。
 フライトについては、例えばハワイ(ホノルル)へは、ANA便以外にもユナイテッド航空便が使えます。336日前からの予約受付開始のため、355日前に取れなかった場合、こちらを予約する方法もあります。
 なお、提携航空会社便のため、必要マイル数はシーズンに関わりなくzone1-A(Rシーズンと同じ)が適用されます。

 特典航空券では、目的地以外にもストップオーバー(24時間以上の滞在)が1回できるため、海外2ヶ国の周遊プランも組むことができます。また、世界一周旅行なら複数のストップオーバーも可能です。

 無限の可能性が広がる国際線特典航空券。ANAの陸マイラーになって、ぜひゲットしてください。
 

次へ進むボタン 中級者向けのおすすめポイントサイト

前のページに戻るボタン ドットマネーからANAマイルへの交換のトリセツ

トップページに行くボタン ブログトップへ


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント





↓↓↓バナー押しと未登録サイトへの登録もお願いします!↓↓↓

[ランキングバナー]
4つのブログランキングに登録しています。押すだけなのでぜひ!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


人気ブログランキング



「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


[ポイントサイト登録バナー]
 以下のバナーから、各サイトの登録画面に移ります。

特に、【還元あり】のサイトに登録して頂くとあなたにも(私にも)登録ポイントが付与されます。Google検索などから登録しても付与されないので、ぜひこの機会にどうぞ。

・ちょびリッチ【還元あり】
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

・ハピタス【還元あり】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・PONEY【還元あり】
無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!

・ポイントインカム【還元あり】
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

・ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

・GetMoney!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

・モバトク


・Gポイント【還元あり】
Gポイント

・モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

・ECナビ


・i2iポイント
i2iポイントサイトへのご招待です♪

・チャンスイット【還元あり】
チャンスイットでお得生活

・ライフメディア
稼いだポイントをマイルに。ライフメディアへ無料登録

・予想ネット【還元あり】※スマホ登録時
無料でおこづかいゲット! 予想ネット