fc2ブログ

「ANA VISAワイドゴールドカード」キャンペーンのトリセツ(2017年4月まで) - ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ

ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ ホーム » トリセツ » 「ANA VISAワイドゴールドカード」キャンペーンのトリセツ(2017年4月まで)

「ANA VISAワイドゴールドカード」キャンペーンのトリセツ(2017年4月まで)

 いつかは持ちたいゴールドカード。単なるステイタスだけでなく、実用性もあるカードを選びたいものです。

 ゴールドカードといっても、年会費無料のイオンゴールドカードから、さらにステイタスの高いプラチナカードに近いものまでピンキリです。
 空港のラウンジが無料となるサービスも、イオンゴールドは羽田国内線だけですが、国内の主要空港全部が使えるのが一般的で、追加費用で海外空港のラウンジが使えるカードもあります。

 ゴールドカードのうち、カード決済でANAのマイレージを貯めるには、やはりANAゴールドカードが良いでしょう。ANAカードは国際ブランドがJCB、VISA、Amexから選べますが、中でも、年間100万円の決済で13,000マイル以上が貯められる、「ANA VISAワイドゴールドカード」が一番のおすすめとなります。

 年会費は15,120円かかりますが、翌年度以降は各種割引で10,260円となります。


ANA VISAゴールドカードの写真


 このカードでマイルを貯める場合、もう一つのクレカ「ソラチカカード」と組み合わせることになります。詳細は「マイルが貯まりやすい普段使いのカードとは?」の記事をご覧頂くとして、ここではANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーンを紹介します。
 何も考えずに発行してしまうと、キャンペーンマイルを取り逃すことになるのでしっかりお読みください。

 なお、組み合わせで発行すべきクレカ「ソラチカカード」のキャンペーンはこちらに取説記事を記載しています。ただし、以下に記載する「マイ友プログラム」は片方しか使えないため、マイル数の多いANA VISAワイドゴールドカードを先に発行しましょう。

 クレカは立て続けに発行すると審査に落ちやすいので、今月は「ANA VISAワイドゴールド」、翌月は「ソラチカカード」というように、1ヶ月は空けて発行するのがポイントです。


ANAカード「マイ友プログラム」


 発行する前に、ANAカードの「マイ友プログラム」に登録していれば、2,000マイルが上乗せされるので、ぜひ利用しましょう(発行後に登録してもムダです)。

 マイ友プログラムを利用する場合は以下のサイトで紹介元の情報を入力する必要があります。
 ネットでは公開できない情報なので、以下のアドレスにEメールを送信して頂ければお伝えします。迷惑メール防止のため、メールの件名は「マイ友」としてください。本文は空メールで結構です。

・マイ友プログラム登録サイト

ANAマイ友プログラムのボタン

・空メール送信先(コピーした上で、●を@に変えてご利用ください)
star1111base-anamara787●yahoo.co.jp


 前回、ソラチカカードの記事でメールして頂いた方には、この場を借りてお礼申し上げます。マイ友プログラムに登録後は、忘れずに、以下の手順でカードを発行してください。


ANAキャンペーン登録


 マイ友プログラムの登録と、ANAのカード発行キャンペーン登録は別となっており、こちらにも登録が必要となります。
 既にANAマイレージクラブの会員なら、カード発行前にANAのキャンペーンに登録しておきましょう。ただし、まだ会員でない場合は、クレジットカード発行で会員番号が付与されてから登録することになります。

 なお、このキャンペーン登録はソラチカカードや他のANAカードと共通となります。

 登録するには、キャンペーンサイト「入って!乗って!使って!最大20000マイル ANAカード入会キャンペーン2017」に移ります。以下のバナーを押して、リンク先にある「参加登録はこちら」から登録しましょう。

ANAカード入会キャンペーンのボタン

ANAキャンペーンへの参加登録ボタンの画像


キャンペーン内容の確認


 キャンペーンのマイルは忘れたことに付与されます。その頃には、公式サイトの記載は別のキャンペーンに入れ替わってしまい、確認が難しくなるので以下にまとめています。マイルが付与されるまで、ブラウザのお気に入り(ブックマーク)に入れておくと良いかもしれません。

 キャンペーンマイルは全てを刈り取るのは難しいので、取れるものだけ確実にゲットしましょう。

・【STEP1】新規入会で2,000マイルプレゼント
 入会(カード発行)で自動的にANAのマイルが付与されるので、獲得条件を気にする必要はありません。入会の翌月末までに付与されます。


・【STEP2】ANAウェブサイトでキャンペーン参加登録した方に2,500マイルプレゼント
 こちらも、先ほどの登録を済ませていれば、問題なく付与されます。付与時期は8月下旬となります。


・【STEP3】5月31日までにANAの対象路線を対象運賃1回以上ご搭乗で国内線500マイル、国際線1,500マイルプレゼント
 こちらの詳細は後述していますが、ANA運航便なら、旅割、特割を含めて全て対象となります。飛行機を利用する機会があれば、ぜひANA運航便に乗りましょう。付与時期は8月下旬となります。


・【STEP4】5月31日までに、ANAカードマイルプラス加盟店にて合計10,000円以上ご利用で500マイル、合計50,000円以上ご利用で3,000マイルプレゼント
 こちらも詳細は後述しますが、普段使いの店も多いので、積極的にカードを利用してぜひ3,000マイルを獲得しましょう。付与時期は8月下旬となります。


三井住友カードのキャンペーン


 ANAだけでなく、発行元の三井住友カード側でもマイル、ポイントが獲得できるキャンペーンが用意されています。さすがに有料カードだけあって内容が豪華です。銀聯カードは条件クリアのハードルが高いですが、可能な項目はぜひものにしましょう。


・【STEP5】最大24000マイル相当がもらえる!ANAカードリボ払いご利用キャンペーン
 最大24000マイルは、更に上位の「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」が対象なので、ANA VISAゴールドカードでは16,000マイルとなります。これは、もらえるのが三井住友のワールドプレゼント1,600ptで、プラチナカードなら1pt=15マイル、ゴールドカードなら1pt=10マイルのレートで交換できるという違いから来ています。
 16,000マイルでも十分大きいので、リボ払い手数料で損しない工夫をしてGETしましょう。
 条件は、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録の上、6ヶ月の間に、カードをリボ払いで50万円以上利用することです。現金払いを極力避け、徹底的にカード払いにすれば多くの方は達成できると思います。

 とはいえ、全てリボ払いでは莫大な金利手数料がかかってしまいますよね。そこで一工夫です。月末に支払額が確定したら、臨時増額を申し込み、数百円以下のわずかな額だけ翌月に持ち越します。こうすれば、リボ払いの条件を満たしつつ、10円前後のわずかな手数料で済ませることができます。

 キャンペーンにはエントリーが必要ですが、カードが到着してから、三井住友カードのサイト「Vpass」から行うことになります。忘れないようにしましょう。
 リボ払いのテクニックは、前述の「マイルが貯まりやすい普段使いのカードとは?」の記事にあるので、そちらをご覧ください。多少手間はかかりますが、多額マイルのためがんばりましょう。


・【STEP6】最大7500マイル相当がもらえる!ANA家族カードご入会・ご利用キャンペーン
 こちらは家族カードを発行すればゴールドカードで500pt=5,000マイルがもらえます。夫婦など家族でマイルを稼ぐ方なら、年会費4,320円の元が取れると思うので、互いに協力できるなら申し込みしょう。


・【STEP7】最大7500マイル相当がもらえる!ANAカード「iD」ご利用キャンペーン
 カードには電子マネー「iD(アイディー)」の機能が自動付帯しています。iDは後からクレジットカード払いと同時に請求されるため、感覚としてはサインのいらないクレカと同様で、コンビニやマクドナルド、一部のスーパーなどで使えます。6ヶ月以内に3万円以上利用すれば、500pt=5,000マイルが獲得できます。条件は厳しくないのでぜひゲットしましょう。


・【STEP8】最大7500マイル相当がもらえる!ANA銀聯カードご入会・ご利用キャンペーン
 こちらが一番難しいかもしれません。銀聯(ぎんれん)カードは、中国のデビッドカードで、主に中国でクレカ代わりに利用できます。日本国内でも中国人観光客向けに銀聯カードが使える店も増えましたが、残念ながら国内利用は対象外です。
 500pt=5,000マイルを獲得するには3万円以上利用しないといけないため、事実上、中国に行く予定のある方だけがゲットできると考えて良いでしょう。なお、銀聯カードは年会費無料ですが、5年更新ごとに1,080円かかることにも留意が必要です。



カード申込


 キャンペーン内容を確認したら、いよいよ、クレカの申込をします。

 ANAや三井住友カードの公式サイトから申し込むより、ポイントサイトから申し込む方がお得になります。上記のマイルに加え、ポイントサイトのポイントも獲得できるからです。
 ここで獲得したポイントは現金にも交換できますし、ANAのマイルにも交換することができます。どのサイトを使うのがベストかは、その時々で異なります。2017年3月現在では、ポイントタウンの120,000pt(=6,000円相当)が最高額となっています。

 ポイントタウンで得たポイントをANAマイルに交換する際は、ここでももう一つの「ソラチカカード」が登場します。ソラチカカードを使うルートについてはこちらの記事をご覧頂くとして、結果的に約5,400マイルに交換することができます。
 この結果、カード発行とキャンペーン等を合わせて最大で約47,400マイルが獲得できることになります。


ポイントタウンには以下のバナーから登録可能です。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
 

ANA VISAゴールドカードの利用


 あとは、キャンペーンの条件を満たすようにカードを利用します。

 ANAのキャンペーンは、Step1,2の条件は発行した時点で既に満たしているのでOKです。Step3は、国内線ならANA便(コードシェア便はANA便名での予約のみ)、国際線ならANAグループ運航路線(他会社運行のコードシェア便は対象外)に乗ることでマイルが獲得できます。Step4は、ANAカードマイルプラス加盟店でカードを使って、5月末までに合計10,000円以上を利用することになります。加盟店にはセブンイレブンなどがあり、詳細はこちらに記載されています。

 三井住友カードのキャンペーンは、Step5と7について、半年間にカード決済50万円、iD利用3万円の条件を確実にこなしましょう。Step6と8は可能な方がこなすことになります。


最後に


 ANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーン期間は2017年4月末までありますが、条件を満たす上では早く申し込むのが吉です。

 皆様も私と一緒に、ANAゴールドカードとポイントサイトでANAのマイルを貯めていきましょう。貯め方の取説はこのブログに全て載っています。ぜひ「【必読!】5分でわかる!陸マイラーのトリセツ」からお読みください。
 


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント





↓↓↓バナー押しと未登録サイトへの登録もお願いします!↓↓↓

[ランキングバナー]
4つのブログランキングに登録しています。押すだけなのでぜひ!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


人気ブログランキング



「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


[ポイントサイト登録バナー]
 以下のバナーから、各サイトの登録画面に移ります。

特に、【還元あり】のサイトに登録して頂くとあなたにも(私にも)登録ポイントが付与されます。Google検索などから登録しても付与されないので、ぜひこの機会にどうぞ。

・ちょびリッチ【還元あり】
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

・ハピタス【還元あり】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・PONEY【還元あり】
無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!

・ポイントインカム【還元あり】
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

・ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

・GetMoney!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

・モバトク


・Gポイント【還元あり】
Gポイント

・モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

・ECナビ


・i2iポイント
i2iポイントサイトへのご招待です♪

・チャンスイット【還元あり】
チャンスイットでお得生活

・ライフメディア
稼いだポイントをマイルに。ライフメディアへ無料登録

・予想ネット【還元あり】※スマホ登録時
無料でおこづかいゲット! 予想ネット

No title

こんにちは。
ANAワイドゴールドカードは、さすがゴールドと
言うだけあって年会費もしますね。
自分は年会費無料ですので、クレジットカードは
無料というのが当たり前になっています。
有料だとサービスもきっといいんでしょうね。
それでは応援していきます。

2017-03-23 22:00 │ from 蒼士URL

No title

蒼士さん、おはようございます。

私も昨年、陸マイラーを始めるまでは「年会費有料のカードを発行するなんて信じられない」と思っていた一人です。

でも、決済をゴールドカードに集中し、年間200万円以上利用してわかったのは、獲得できるマイルで十分元が取れるということです。100万円未満だと微妙ですが、それ以上なら発行した方がおトクだと思います。

それ以外のサービスは、空港のラウンジを2回ほど使った位で、あまり利用できていません(笑)。

2017-03-24 06:00 │ from anamaraURL