ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ

ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ ホーム » 
 ANAのマイルを、年間21万以上貯めるための取説を紹介しているブログです。これだけ読めば、きっとあなたもマイルで世界中を旅行できます。
 初めての方は、以下の記事からお読みになることをおすすめします。

このブログについて
必読1:初めての方へ
必読2:重要記事リンク集

陸マイラー活動を始めて1年4ヶ月。ようやく香港旅行へ行ってきま~す!

 私がハピタスに登録したのが昨年6月。陸マイラー活動を始めて1年4ヶ月で、初めて特典航空券を使って海外旅行することになりました。この間、一度も飛行機に乗らずに夫婦合算で約44万マイルを獲得してきました。

 マイレージを貯めるための取説はこちらの記事をご覧いただくとして、ここで疑問に思う方もおられるかもしれません。


 「なぜ特典航空券で旅行するまでに1年以上かかったの?
 「これから陸マイラー活動を始めたいけど、そんなにかかるの?


 これに答えるため、私自身の経緯を振り返ってみました。


経緯まとめ


2015年


・7月
 楽天カードを発行し、楽天市場で買い物をして得たポイントをANAマイルに交換し始める(この時点ではポイントサイトを使っていないため、陸マイラーとは呼べません)。

2016年


・6月
 会社にマイレージで飛行機に乗り回している人がおり、陸マイラーという人種が存在していることを知る。早速ハピタスに登録し、ANA VISAワイドゴールドカードを発行。

・7月
 ソラチカカードを発行。案件をこなし始める。
 →7/31に初めて、ハピタスからドットマネーに2,000ptを交換しました。

・8月
 FX案件などの高額案件に手をつけ始める

・11月
 初めてメトロポイント上限2万ptをANAマイルに交換。
 →ここからは毎月、ソラチカルートをフル回転できるようになりました。

2017年


・1月
 夫婦合算10万マイルを突破。家族4人で香港行きの特典航空券を予約(エコノミークラス:8万マイル減算)。

・4月
 マイル残高が約20万マイルまで回復し、来年2月に妻のインド行き特典航空券を予約(ビジネスクラス:6万マイル減算)。
 →ソラチカルートの月3.6万マイルだけでなく、ANA VISAワイドゴールドカードの入会特典が付与されたのが大きく寄与しました。

・5月
 ANA上級会員となるための修行のため、15万マイルを24万ANAスカイコインに交換し、来年1月のシンガポールと、4月のオーストラリアのプレエコ航空券を予約。

・9月
 来年1月のシンガポール修行のため、国内線区間(羽田-那覇間)を追加で予約。

・10月
 マイル残高は約15万。
 1月に予約した香港旅行にGO!


疑問への回答


 ここからいえることですが、まず、ソラチカルートが回せるまでには時間がかかるということです。これは、クレカやFXなどの高額案件はポイントがつくまでに1~3ヶ月ほどかかること、そこからドットマネーやPeXに交換してメトロポイントになるまでに約1ヶ月(毎月15日を過ぎると最大約2々月)、そこからANAマイルへの交換が完了するまで1ヶ月弱かかるためです。

 このように、ざくざくマイルが貯まり始めるまで通常3ヶ月となりますが、ソラチカルートだけでは月に3.6万マイルが上限なので、8万マイル貯めるなら5ヶ月かかることになります。

 実際にはANA VISAワイドゴールドカードのワールドプレゼントポイントや楽天スーパーポイントをANAマイルに交換したり、いわゆる「バイマイル」をすることでそれより早く貯めることも可能でしょう。

 ただ、私は当初慎重に活動したこともあり、楽天スーパーポイントの交換分を合わせても、香港の特典航空券が予約できるまで5ヶ月の時間がかかってしまいました。妻のメトロポイント交換を一回忘れてしまったという失敗もありますが。
 

 もう一つ時間がかかった理由は、特典航空券の予約が取りにくいということです。

 ANA国際線の特典カレンダーを見てみましょう。
 ANAマイレージクラブのサイトで、特典航空券-ANA国際線-カレンダーから空席状況を確認 を選ぶことで、5ヶ月ほど先までの予約状況が一目でわかります。

 
 ANA特典カレンダーはここにあり


 下には、アジア1ゾーン(中国、台湾、香港等)のエコノミークラスの一部を抜粋した表を示します。

 ◎、○は残席があり、△の場合は「残席わずか、空席待ち」と記載されていますが、△はほとんどゼロと思って良いでしょう(詳細は個別に予約状況を確認するしかありません)。

 来年の春休みに香港に行きたくても、既にほとんど空席がないことがわかります。行きが○だった場合でも、帰りの便が見つからなければ予約はできません(別空港を経由するルートはあるかもしれません)。

 特典航空券の座席数は限られるため、ハワイはもとより、香港やシンガポールなど人気の観光地は早い段階から満席となってしまうため、多くの場合かなり先の予約しか取れないのです。


↓2018年3月末の予約状況例(2017年10月19日時点。途中を省略しています)
 ANAの特典カレンダー例(アジア1)抜粋


 なお、あまり人気のない地域なら来週の予約が取れる場合もあるので、そのような便を狙うのも良いでしょう。例えばプノンペン便なら、来週にでも行くことができます!(実際に予約できるのは出発の96時間=4日前までとなります)


↓成田-プノンペンなら空いてますよ!
 ANAの特典カレンダー例(プノンペン便)


終わりに


 このように、マイルを貯めて人気路線に乗るまでは時間がかかりますが、そこから先は五月雨式に予約を入れることで、次々に海外旅行ができるようになります。まだ活動を始めてない方は、当ブログを研究して早く始めてはいかがでしょう。


 なお、今回PCを持って行かないため、案件ウォッチはお休みします。なにとぞご了承ください。その代わりに、「【特選!】陸マイラーあるある50連発!」という記事を仕込んでいます。後日公開するのでお楽しみに。
 
 それでは、明日から香港に行ってきます~



 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ポイントサイトの黒船到来!ソラチカルートより稼げる案件あり!

 これまで私自身、ハピタスやちょびリッチ、PONEYやポイントインカムなどポイントサイトを使ってANAマイルを貯めてきました。これらのサイトから、ドットマネーやPeXを経由する「ソラチカルート」を使うことにより40万マイル以上を獲得してきました。

 楽天市場で買い物して得た楽天スーパーポイントをANAマイルに交換することもしてきましたが、ポイントサイトとはジャンルが異なります。実はその楽天が、ポイントサイトも運営しているというのです。その名も楽天Rebates(リーベイツ)。クレカ発行などの案件はなく、ショッピングに特化した形となっています。

 楽天市場で購入する場合との違いは、楽天リーベイツの中で買い物をするわけではなく、リーベイツ経由で他のショッピングサイトに入って購入するところです。楽天リーベイツには、ショッピングサイトからキックバックが支払われ、これがポイントの原資となります。公式的には「楽天スーパーポイントバックサービス」と呼ばれていますが、この仕組みはまさにポイントサイトと同じであるため、楽天版ポイントサイトといえるわけです。

楽天リーベイツに進む

楽天リーベイツ(楽天Rebates)のトップ画面


 元々、米国のebatesを楽天が買収して手に入れたシステムを国内にも展開したもので、楽天のRをつけてRebatesとなったわけです。以下がebatesの画面ですが、似たつくりとなっていることがわかります。


米国イーベイツ(ebates)のトップ画面


 楽天Rebatesのどこがすごいのか?ということですが、ショッピングサイトによってはハピタスや他のポイントサイトよりかなり高額のポイント還元となるところです。

 通常のポイントサイトと同様、還元率が変動するため他サイトとの比較は必要となりますが、例えば私が利用した2017年10月7日は、ベルメゾンネットが10%還元となっていました(今は下がっていますが)。これが、モッピーやちょびリッチ、モバトクなどの他のサイトではせいぜい1%です。


↓楽天リーベイツ画面
2017年10月7日時点では楽天リーベイツでベルメゾンネットのポイント還元率が10%と超高額でした

↓どこ得?で調べた他のポイントサイトの還元率
どこ得?でベルメゾンネットのポイント比較した結果


 この楽天リーベイツで獲得できるのは、楽天スーパーポイントの通常ポイントとなるのが大きな特徴です。楽天市場でもザクザクポイントが貯まりますが、多くは期間限定ポイントのため、直接ANAマイルに交換することはできません。
 これに対し、楽天リーベイツは通常ポイントのため、2pt=1円の低レートではあるものの、ANAマイルに直接交換することができます

 ソラチカルートの方が交換レートがよいとはいえ、1%還元だとマイルとしては0.9%還元にしかなりません。1万円の買い物なら90マイルです。これが楽天リーベイツ経由の10%還元なら、マイルとしても5%還元、500マイルとなります。これならモッピーやちょびリッチより、楽天リーベイツを使う方が絶対お得ですよね。

 今回、ちょうどベルメゾンネットで転勤先で使うテーブルを買う予定にしていたので、早速楽天リーベイツを利用しました。

 楽天に登録済の方なら、登録は超簡単です。以下からリーベイツのサイトに進み、楽天のパスワードを入れるだけで登録完了です。

楽天リーベイツに進む


 その上でベルメゾンネットを選択すると、一旦以下のような画面が現れた後、ベルメゾンネットのトップ画面が現れます。ここから先は、通常通りショッピングすればOKです。途中で別サイトに飛んでしまうと、リーベイツを経由したという履歴が残らずポイントがつかなくなってしまうため、再度リーベイツに戻って買いましょう。


↓この画面キャプチャーは後日行ったため、還元率が2.5%に下がっています。
楽天Rebatesからベルメゾンネットに移動する途中の画面


 これが選んだアンティーク風ダイニングテーブルです。妻チカコが白の木製テーブルが欲しいということで大○家具も見に行きましたが、価格的にちょっと・・・という感じだったので、こちらにしました。

 
ベルメゾンネットのアンティーク風ダイニングテーブル
 

 ベルメゾンネットからの注文確定メールはもちろんですが、購入の2日後には、楽天リーベイツからも「注文内容ご確認」というEメールが届きました。まだポイントは確定していませんが、税抜23,981円より2,398ptが付与予定となっています(消費税、送料はポイント対象外です)。

 短期間で予定明細がEメールで送られてくるのは安心感がありますね。


楽天リーベイツからのメール内容(ポイント獲得予定)


 獲得した楽天スーパーポイントは、もちろんANAマイルに交換する予定です。24時間で交換できるのが1,000pt=500マイルというところが玉にキズですが、3回に分けて交換することで、合計1,199マイルが獲得できます。元々欲しかった物を買っただけでマイルが付与されるのですから、美味しいですよね。
 
 ベルメゾンネットは残念ながら還元率が下がってしまいましたが、別のショッピングサイトが高還元率となっています。楽天リーベイツでは、他のポイントサイトもウォッチして還元率を決めているそうなので、今後もよい案件を出し続けると思われます。


↓2017年10月17日10:00~24日9:59の間でポイントアップしているサイト一覧
 (押すと拡大します)
今、高還元率となっているサイト一覧


 以下は少し古くなってしまいましたが、私が楽天リーベイツが使えるかを検証するために、2017年9月21日に他のサイトと比較した結果です。カッコ外は金額(円)相当の還元率、カッコ内はマイル交換後の還元率となります。なお、交換時のポイント増量キャンペーン等は考慮していません。

 長いので、読み流して最後の結論に飛んでくださって結構です。

・ナイキ⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ6%(3%) vs PONEY3%(2.7%)

・アシックス⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ4.5%(2.25%) vs ハピタス1.8%(1.62%)
 ※もらえるモールは5%だがマイル交換不可

・アディダス⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ2%(1%) vs ECナビ2.4%(2.16%)

・プーマ⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ4.5%(2.25%) VS PONEY4.5%(4.05%)

・DHC⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ5%(2.5%) vs ハピタス1.8%(1.62%)

・ベルーナ⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ8%(4%) vs モッピー7%(6.3%)

・セシール⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ6%(3%) vs ポイントインカム3%(2.7%)

・マキアレイベル(Macchia Label)⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ20%(10%) vs ちょびリッチ5%(4.5%)

・Farfetch⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ9%(4.5%) vs ハピタス3.6%(3.24%)

・ミキハウス⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ4.5%(2.25%) vs ポイントインカム1.8%(1.62%)

・Wowma!⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ5%(2.5%) vs げっとま0.8%(0.72%)

・Loft⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ5%(2.5%) vs モッピー6%(5.4%)

・Microsoft Store⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ5%(2.5%) vs ハピタス2.4%(2.16%)

・DELL⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ6%(3%) vs ハピタス4.8%(4.32%)

・NEC Direct⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ8%(4%) vs げっとま10%(9%)

・Apple公式サイト⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ2%(1%) vs Gポイント1%(0.9%)
 これは使えそうですね。今度iPadを買い換える時は比較して選びます。

・iTunes Store⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ3.5%(1.75%) vs モッピー5%(4.5%)

・アカチャンホンポ⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ2.5%(1.25%) vs ハピタス他0.6%(0.54%)
 ※バリューポイントクラブは1.2%だがANAマイルへの交換不可

・ル・クルーゼ⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ4%(2%) vs ハピタス1.8%(1.62%)
 ※バリューポイントクラブは3%だがANAマイルへの交換不可

・Intercontinental Hotels & Resorts⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ4.5%(2.25%) vs ハピタス他1.8%(1.62%)
 以前、横浜のインターコンチに宿泊した時はハピタスを利用しました。今後使う時はリーベイツかな?

・ケンコーコム⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ4.5%(2.25%) vs ハピタス3.6%(3.24%)

・ショップジャパン⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ20%(10%) vs モッピー15%(13.5%)

・JAL国内線航空券⇒リーベイツの勝ち!
 リーベイツ1.5%(0.75%) vs ポイントインカム0.3%(0.24%)
 ANAマイラーがJALを使うかどうかはともかく、リーベイツ経由での購入も検討しましょう。

・トレンドマイクロ(ウイルスバスター)⇒リーベイツの負け・・・
 リーベイツ15%(7.5%) vs ハピタス24%(21.6%)
 私自身も先日ハピタスでウィルスバスターを購入してポイント獲得しました。
 

 ご覧になるとわかる通り、リーベイツが勝つ案件、負ける案件が拮抗しています。負けるといっても、マイルに換算した場合で比較しており、円換算ではリーベイツが勝っているものもあります。また、ポイントサイトはハピタスやPONEYなど複数の強豪サイトが相手であり、これらの中で新参者のリーベイツが勝る案件が多数あるのは驚くべきことです

 タイトルにした通り、まさにポイントサイトにとっては黒船到来となります。ショッピング専門とはいえ、これまでどこ得?で調べてサイトを選んでいた方も、考え方を変える必要があるでしょう。

 一番良いのは楽天リーベイツの案件もどこ得?のサイトに載ることですが、それまでの間は楽天リーベイツとどこ得?の両方をみて、有利な方からショッピングするのが稼ぐコツです


楽天リーベイツ
どこ得?


 今なら、楽天リーベイツへの新規登録(アカウント作成)&初回購入3,000円以上(税抜、送料別、登録から30日以内)で500ポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。ぜひこの機会に登録しましょう。


今なら楽天リーベイツ初回利用で500ポイントが獲得できてとってもお得!

ここから楽天リーベイツに登録!




 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



実は男でも使えた!楽天ママ割でポイント5倍!

 私はポイントサイトマニアでもありますが、楽天ブラックカードのインビテーションが来るほど大の楽天マニアでもあります。

 先日、楽天スーパーSALEの際に楽天市場で買い回りしてポイントを稼いだのですが、商品を購入する際、ママ割登録でポイント5倍という文字が目に飛び込んできました。特に子供向け商品というわけではなかったのですが、対象ショップの商品なら何でも5倍になるとのことです。

 以下はその時の画面なので10月5日までの期間となっていますが、現在も2017年10月20日9:59までとして、同様のキャンペーンを実施しています(それ以降も実施?!)。


楽天ママ割登録でポイント5倍


 ママというのだから男は登録できないのかな…と思いつつも、5倍ポイントを諦めたくないので調べると、女性という条件はどこにも記載がありません。しかも、「子育てを楽しくするママ・パパ向け情報サイト」と記載されているではありませんか!

 ママ割といいつつも、実は男でも利用可能、というのが結論です。


楽天ママ割とは?


 ということで早速登録しました。子供情報の登録が必要なので、さすがにママ・パパでない方は登録できないようです(出産予定日がわかっているプレママ・プレパパはOK!)。メールマガジンにも登録することになります。

 ポイントは例によって期間限定なので、直接ANAマイルに交換することはできませんが、例えば楽天スーパーDEALで肉を買って30%ポイントバック、それをANAマイルに交換するということで一定程度はマイルに化けさせるテクニックは使えます。

 例えば、私の場合は10,000pt以上貯まった期間限定ポイントをA5等級のステーキ肉やすき焼き肉に変えて、3,000pt以上の通常ポイントを獲得、せっせとANAマイルに交換してきました。先月、先々月はそれほど買い物しなかったため5,000ptほどしか貯まっておらず、高級肉は断念しましたが、代わりにこの10月は高級ハンバーグを40%還元で発注しました。

 他にも楽天ブラックカード特典、楽天プレミアム特典などもあるため、実質半分近くがポイント還元される予定です。もちろんハピタス経由で買ったので、ハピタス側のポイントもしっかりもらいます。


楽天スーパーDEALで高級ハンバーグを買ってANAマイルに変換!


 ママ割の5倍以外にも、水曜日のあす楽利用で3倍、また今なら楽天イーグルス応援キャンペーンの買い回りで最大10倍、…などと様々なキャンペーンで期間限定ポイントをザクザク獲得した上で、楽天スーパーDEALを上手に活用して通常ポイントに変換、ANAマイルを獲得する…これができればあなたも楽天マニアです。

 陸マイラーはポイントサイトの利用が基本ですが、ぜひ楽天も活用してソラチカルートの上限である1人年間21.6万を超えるマイルを獲得していきましょう!


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


悔しいけどお得!ECナビの「買っ得フェス」がアツい!

 今回紹介するのはECナビの「買っ得フェス」ですが、なぜ悔しい思いをしたかというところからお話しします。

 私は今度の週末に特典航空券で香港に旅立ちますが、来年早々にはANAのプラチナ会員となるべく、シンガポールで修行してきます。

 このシンガポール修行では、チャンギ空港着は夜中となります。修行される方の中にはコスト削減のため空港内で過ごして翌日の帰国便まで待つ強者もおられますが、私は横になってぐっすり眠りたいのでホテル泊を選びました。

 もちろん、ホテル予約でもポイントを獲得してマイルに移行するため、ポイントサイトを経由します。海外ホテル予約案件はBooking.com、Hotels.com、Expediaが主なものですが、つい先週予約した時はExpedia(エクスペディア)がPONEYで還元率5%とトップでした。


エクスペディアのホテル予約案件は、PONEYがトップでした


 当然ながらPONEYを経由してエクスペディアで予約を済ませましたが、その約1週間後である今日(2017年10月15日)、ECナビの「買っ得フェス」の目玉の一つとして、エクスペディア案件が7.7%に高騰したのです(100円につき77pts=7.7円還元)。


ECナビの買っ得フェスバナー


ECナビでエクスペディア案件が高額還元中



 それは仕方ないよね、と思われるかもしれませんが、今回悔しいのは、ECナビから買っ得フェスの案内メールが届いていたのに気づかなかったことです。

 後からWayBack Machineのサイトで、買っ得フェスの過去ページを閲覧しました。

 ちゃんと9月25日時点のWebページに、第三弾でエクス●ディア(旅行)と書いてあったではありませんか!


ECナビの買っ得フェス第三弾の目玉案件予告(過去)


 もちろんこの時点では還元率が記載されておらず、他サイトより高騰するかどうかわからなかったものの、第一弾、第二弾の実績がわかっていれば、他サイトを大幅に上回る還元率が期待できたはずなのです。

 また、ECナビもPeXの交換手数料を機に、競合サイトより優位に立てるようテコ入れを図っているとの情報なので、メールに気づいていれば少し待てたのにと思うところです(予約したホテルは今も空室があり、金額も変化していません…)。

 ポイントサイトからは毎日多数のメールが来て、ほとんどは見ずに捨てていますが、やっぱりチェックしないとダメですね。。。


 さて、過ぎたことは仕方ないので気を取り直して、今週(10/15~22)の目玉案件は以下の通りです。ユニクロ、GUは2%還元。対するハピタスなど他サイトではいずれも0.6%です。さらにDHCは8%還元 vs ハピタス1.8%とダントツでECナビが高還元率となっています。


ECナビの買っ得フェス第三弾の目玉案件一覧


 先日、PeXが手数料無料化して、PeX経由サイトが力を入れることを予想しましたが、ECナビは「何となく我が道を行く感じがするのでどうかな」なんて書いてしまいました。ECナビさん、ごめんなさい(苦笑)。


 来週の目玉案件は以下の通りです。まだ還元率は不明ですが、こちらも期待してよいでしょう。


ECナビの目玉案件予告


 「買っ得フェス」は期間限定ですが、今後もECナビの動向に注目していきたいところです。

 今回案件をこなす方はもちろん、こなさない方でも、ECナビは突然高額、高還元率の案件を出すサイトなので、これを機に登録しておくことをおすすめします。
 
⇒ECナビへの登録はこちらから!



↓以下のバナーからでもOKです




 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村











 

JALカードSUICAが過去最高額タイ!だけど・・・

 ここのところ、ポイントのウォッチではあまり良いニュースがなく、記事更新が少なくなってしまいましたが、今日はJALカード(SUICA)が、ポイントサイト「すぐたま」で過去最高額タイの15,714mile=7,857円相当となりました。もしプラチナ会員であれば9,428円相当となります。前回は8月1日だったので、2ヶ月半ぶりの高値となります。


すぐたま_JALカードSUICA案件画像

 
 2016年7月2日から本日(2017年10月14日)のポイント変動履歴をみてみましょう。値動きが激しいことがわかります。普段は低額に抑えられているため、7,857円相当とはいえ相対的に大きく高騰しているといえるでしょう。


JALカードSUICAのポイント変動履歴グラフ


 問題は2つ。一つはポイント獲得条件です。カード発行だけで利用は求められていないのですが、多くの方は以下の条件に当てはまってしまうのではないでしょうか。

※提携カード、プロパーカード関わらず、既にその他のJALカードをお持ちの方はポイント対象外となります。

 私はANAマイラーをやっていますが、それでもJALカードの一種である「JMBローソンPontaカードVisa」を発行しており、これだけでもポイント対象外となってしまいます。JALマイラーの方なら当然JALカードをお持ちでしょうから諦めざるを得ません。

 もう一つは、マイルへの交換ルートです。すぐたまのポイント(mile)はネットマイルと共通で、ANAマイルへの交換は可能ですが、レートが低くなってしまいます。

 ポイ探のサイトで調べてみました。7,857円相当が4,440マイルより、交換レートは×0.565となってしまいます。端数を切り捨てているとはいえ、ソラチカルートの×0.9を考えるとレートが悪いと言わざるをえません。
 また、ANA VISA(Master)カードの保有が必須となる上で、セシールのスマイルポイントも経由することになります。私自身、すぐたまから交換した経験がないので実際に交換できるかは未検証です。


すぐたまからANAマイルへの交換ルート


 なお、JALの場合はもっとレートが悪くなりますので、こちらもあまりおすすめできません。


 このように、陸マイラーとしては微妙な案件ではありますが、JAL系カードをまだ発行していない方で、お小遣い稼ぎが目的の方、またSUICA機能のついたカードが欲しい方はチャレンジしても良いでしょう。


 一応、すぐたまへの登録リンクを張っておきます。以下から登録すれば、わずかですが50mile=25円相当だけ獲得できます。

無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま



 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村