ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ

ソラオとチカコの陸マイラー向けトリセツ ホーム » 
 ANAのマイルを、年間21万以上貯めるための取説を紹介しているブログです。これだけ読めば、きっとあなたもマイルで世界中を旅行できます。
 初めての方は、以下の記事からお読みになることをおすすめします。

このブログについて
必読1:初めての方へ
必読2:重要記事リンク集

楽天一般カードが再び高騰!:楽天さん、何故?

 年会費無料の楽天カード発行で、11,520円相当が獲得できるセールがドットマネーモールで行われています。今回はスマホ、PCの両方から案件をこなすことができます。
 

ドットマネーで楽天一般カード発行案件が高騰中


 ハピタスでも10,000円相当となるなど、ドットマネーには及びませんが他のサイトでも高騰しています。

 以前の14,400円相当とはいきませんが、かなりの高騰といえるでしょう。

 ここまでは普通の案件紹介となりますが、先日、「【残念】楽天カード案件が量・質ともに低下:楽天の戦略とは?」という記事を掲載しました。

 楽天カード案件といえば年会費無料の一般カードが常だったのが、年会費2,160円の「楽天ゴールドカード」が高騰し、一般カードはわずかなポイントしかつかなくなったためです。

 これは楽天側の戦略の変化と捉えました。
 年会費無料の一般カードは発行者数が1,000万人を超えて飽和に達している。だからゴールドカード発行で楽天フリークを囲い込むと同時に、カードの年会費で儲けるビジネスを確立しようとしているのではないかと推測したわけです。

 このため、楽天一般カードは当面高騰しないだろうと読んだのですが、見事裏切られました(苦笑)。


 結局、ゴールドカードの発行者数も増やしたい、でも一般カードもまだ開拓したいという、両面作戦のようですね。
 手持ちのカードが一般、ゴールド、プレミアム、ブラック、その他提携カードと一通り揃ったため、それぞれ会員数を増やすため波状攻撃を仕掛けているということでしょう。
 
 まだ楽天カードを発行していない方にとっては、今回の楽天一般カード案件はチャンスとなります。
 逆に、前回のような楽天ゴールドカード案件は、楽天一般カードを持った上でこなすかどうかを考えれば良いわけで、最初からこなすことはおすすめできません。

 お小遣い稼ぎ、マイル稼ぎのいずれにしても、高騰している間に発行してしまいましょう。
 


 当ブログでは、毎日82の案件をウォッチし、過去半年以上に渡りポイント変動を記録しています。
 過去最高レベルまで高騰したらすぐにお知らせするようにしているので、ぜひあなたのお気に入りブログに入れてください♪


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

【急げ】100名限定の無料クレカ案件で1万円Get!

 本日、100名限定で、年会費無料のライフカード発行案件が1万円相当に急上昇しました。

 条件は、「ポイントインカム」のサイトから発行し、翌月末までにショッピングなどで1万円以上を利用することです。
 
 ライフカード案件は、このところ7,000円以下で推移しており、1万円に達するのは昨年12月以来。当時は10,100円相当だったので100円だけ少ないのですが、久々の高騰なので、マイル獲得、お小遣い稼ぎのいずれにもおすすめできます。

 カード自体にはそれほど魅力はないので、発行時のポイント狙いでOKです。クレヒスを積むために半年ほど少しずつ利用し、後はお蔵入りでも構いません。

 朝7:30の時点で残り76名。発行する方は急ぎましょう。


ポイントインカムでライフカードを発行することで1万円相当を獲得


 ポイントをANAのマイルに交換するための取説のダイジェスト版はこちら、ポイントインカムの取説についてはこちらをご覧ください。


 ポイントインカムに未登録の方は、以下のバナーから簡単に登録できます。
 
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム



 当ブログでは、毎日約80の案件をウォッチし、過去半年以上に渡りポイント変動を記録しています。
 過去最高レベルまで高騰したらすぐにお知らせするようにしているので、ぜひあなたのお気に入りブログに入れてください♪
 


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



本日はおすすめの青汁案件特集!

 今日は、100%還元案件の定番である、青汁案件を紹介します。
 特に今日がチャンスというわけではありませんが、クレカ案件がドットマネーのヤマダLABIカード位しかないため、こういう時は目先を変えてこのような案件にチャレンジするのも良いでしょう。
 いずれも初回購入が条件なので、今回購入したら、次回再度購入してしまわないようメモをとっておくことをおすすめします。

青汁サラダプラス


 まず、私のイチオシ、新日本製薬の「青汁サラダ プラス」です。
 ちょびリッチで6,460pt=3,230円相当が還元されます。


ちょびリッチで青汁を検索した結果


 代金は3,230円で送料無料なので、購入金額が全額ポイントに反映される、100%還元案件となります。
 ソラチカルートでANAマイルに交換すると、2,907マイルとなります。ANAマイルを1マイルあたり1.11円のレートで買い、その上で青汁までついてくる優れた案件です。
 私自身も案件をこなして飲みましたが、クセは少なく、抹茶を飲んでいるような感じです。牛乳に溶かして飲むのもGoodです。

 注意点としては、ポイント対象となるのは3,230円の通常購入で、定期購入は対象外となります。ぱっと見の安さにつられて、定期購入を申し込まないよう気をつけてください。

ふるさと青汁


 次に、こちらもおすすめ、マイケア社の「ふるさと青汁」です。
 4,104円分のポイントが獲得できます。ANAマイルに交換すると、×0.9より3,693マイルとなります。

 この案件は、とくとく便と通常購入の2種類が選べます。
 通常購入は税込で4,104円+送料500円=4,604円に対し、とくとく便だと3,693円+500円=4,193円なので、一見とくとく便が良さそうにみえますが、これでは定期購入となってしまいます。
 購入の頻度は1~3ヶ月に1回から選べますが、解約するまで商品が届き、代金が請求され続けます。すぐに解約できる自信のある方、本当に続けたい方なら良いのですが、そうでなければ通常購入が無難です。

 とくとく便の方がバナーが大きく目立つので、間違えて選択しないよう注意しましょう。その他、2箱購入で送料無料となりますが、ポイントが2倍つくわけではないため1箱で十分です。

 結果的に、通常購入では4,604円払って3,693マイルが獲得できることになります。こちらはANAマイルを、1マイルあたり1.25円というレートで買うのと同じこととなり、青汁サラダ プラスには劣りますが、良い案件には違いありません。

 青汁サラダ プラスとの味の違いは・・・あまりよくわかりません(笑)。こなした時期が違うので、同時に飲み比べていないこともありますが。いずれにしても飲みやすいため、特に苦手な方以外なら問題ないと思います。

えがおの青汁満菜


 こちらは定期購入が必須となるため、ご了解の上、案件をこなしてください。私自身まだこなしていないので、あくまで情報提供だけとなります。

 ハピタス、ちょびリッチ、PONEYと様々なサイトで、毎月2,786円で3回以上の定期購入が条件となるため、少なくとも8,358円の費用がかかることになります。

 獲得できるのは5,572円相当、ANAマイル換算で5,014マイルなので、1マイルあたり1.67円のレートとなり、上の2案件より割高ということになりますね。

 この案件をこなす際、初心者の方はハピタスかちょびリッチで十分ですが、家族の協力が得られるならPONEYがベストです。
 PONEYでは、家族が登録した上で、その家族の紹介であなたが登録して案件をこなすと、あなただけでなく家族の方も3割のポイントが獲得できます。この案件ですと、あなたが5,572円、家族の方が1,672円なので合計7,244円相当が獲得できます。
 詳しい内容は、『ポイントサイト「PONEY」のトリセツ-家族で使えばポイント1.3倍以上!』をご覧ください。

 「えがお」では、ハピタスやPONEYなどで他の定期購入案件も掲載しており、これらはハシゴできます。
 健康食品は効能・効果は証明されていないため、のめり込むのは考え物ですが、ポイント狙いと割り切ってうまく利用すれば、マイルがじゃらじゃら獲得できます。

最後に


 今回は、主な青汁3案件を紹介しました。

 青汁は多くの会社がしのぎを削っているので、会社側にとっては多額の持ち出しがあっても、長く購入し続けてくれる客を探そうとしています。
 ポイント獲得は、案件を出す企業との持ちつ持たれつ。本当に良いと思えれば、ポイントと関係なく購入し続けるのも良いでしょう。そうでなければもちろん、ポイントorマイルを獲得しておさらばです。
 ただし、その後も健康食品カタログなどの郵便物が届き続けることは覚悟しておきましょう(笑)。
 
 ポイントサイトに未登録の方は以下のバナーから登録できます。
 また、ポイントをANAマイルに交換する方法については、こちらの記事からご覧ください。


・ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

・PONEY
無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!



 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


【初心者向け】スマホで過去最高額のタイムセール再び!

 2/10に、ドットマネーでヤマダLABIカード(ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード)がPCで10,000円相当まで回復したことをお伝えしましたが、スマホでは9,000円相当にとどまっていました。
 その後もPCでは10,000円相当が続いていたため、昨日朝はスマホで過去最高額の12,000円相当となっていたことを見逃してしまいました。

 昨日に引き続き、今日も「1日限定、スマホ限定」でタイムセールが行われているため、遅ればせながら紹介します。


ドットマネーのヤマダLABIカード案件が過去最高額タイ


 ご覧の通り、カード発行で12,000マネーが獲得できます。獲得時期も最短3日!クレカ案件では抜群の早さです。
 キャッシング利用枠の設定が必要な点にはご注意ください。

 年会費は初年度無料、次年度からは年1回利用すれば無料(しなければ540円)となります。ANAカードとしてはあまりおすすめできないので、発行時のポイント狙いで十分です。もちろん、ヤマダ電機が近くにある方なら便利に使えるかもしれません。
 ついでに、カード発行特典として1,000円のキャッシュバックもあります。お小遣い稼ぎ、マイル稼ぎのいずれにも使えます。

 なお、「今日限定」となっていますが、これまでの経緯より明日も継続するかもしれません。ただし、ある日突然減額してしまうので、早くこなした方が確実です。

【2017年2月15日追記】今日も継続しています。
【2017年2月16日追記】まだ継続していますね。
【2017年2月17日追記】終了してしまいました。次の機会を待ちましょう。

 参考までに、過去の高騰した際の記事は以下をご覧ください。

・2017年2月10日
 ヤマダLABIカードが10,000円相当まで回復

・2017年1月29日
 【過去最高額!】初心者&お小遣い稼ぎ向け、本日(1/29)限定クレカ案件

 今回、ドットマネーで12,000マネーが獲得した方は、「ソラチカカード」を発行することでANAの10,800マイルに交換することができます。
 そのカラクリは「【【必読!】5分でわかる!陸マイラーのトリセツ」を、具体的な交換方法は「ドットマネーからANAマイルへの交換のトリセツ」をご覧ください。
 


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

【空陸取説】ブロガーの悩み「表記ゆれ」

 空陸取説は、ソラオが不定期に、気のおもむくままに書くコラムです。

 ブログを書いていると、仕事で書類を作成するのとは違う悩みが出たりします。最近感じている、「表記ゆれ」の問題について書いてみました。

 通常、一つの文章の中で、一つの物事にバラバラの文言を使う「表記ゆれ」は御法度です。例えばこんなニュース記事があったとします。




 昨日夜、神奈川県・とある市の化学工場で大規模な火災が発生しました。
 火事は化学プラントから周辺の住宅まで広がりました。
 爆発したのは溶剤を入れた反応槽とみられ、警察は反応タンクを取り出し詳しく原因を調べています。
 


 火災、火事なのか爆発なのか。化学工場なのかプラントなのか、反応槽なのか反応タンクなのか。バラバラだと読みにくく、わかりにくいですよね。

 このようなことがないよう気をつけているのですが、ブログでは統一しない方が良いこともあることがわかってきました。

 当初、取扱説明書は「トリセツ」という文言で統一していました。しかしこれでは、Googleで「陸マイラー 取説」で検索してもひっかからないのですね。
 陸マイラーに必要な語彙を集めた「陸マイラー用語辞典」も、「陸マイラー用語集」では出てこなかったりしました。

 陸マイラー用語辞典は、わざと「用語集」の文言を混ぜることで、トップではありませんが、ひっかかるようになりました。


Google検索例
Googleで陸マイラー用語集を検索した結果


 記事を書く際のコツとして、キーワードについては、文言の後にカッコで類義語を記載したり、意味が不明瞭とならない範囲で文面にちりばめておくのが良い、ということになりそうです。
 
 最近、Googleが日本語検索のアルゴリズムを変更し、質の低い記事を垂れ流しているキュレーションサイトの表示順位を下げたというニュースが流れました。

 DeNAなどキュレーションサイトを手がける企業が表示順位の基準を推測し、正確さを犠牲にしても検索順位が高まる記事を出し続けていたことへの対抗措置とされています。

 とはいえ、大手サイトが検索順位を高めるのは当たり前の企業努力でしょう。
 個人でも、Google Search Consoleを利用してわざと表記ゆれさせる「小細工」をするくらいですので、ビッグデータを持っているネット大手企業はどこでも、Googleなどの検索エンジンの表示順位を解析して対策を練り上げているはずです。

 フェイクニュースサイトを含めウソの記事はまずいですが、DeNAなどでは、Googleがどのようにアルゴリズムを変更したかを早速解析し、速やかに対策を施すに違いありません。
 Googleと大手サイトのいたちごっこは今後も続くと思われます。

 私のような個人のブログでできる対策には限界がありますが、表記ゆれを含め、できる範囲の小細工くらいはした方がよさそうです。
 もちろん、コンテンツの質が最も重要なのは言うまでもありません。
 


 読んで「いいね!」と思って頂いた方は、以下を押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村